①着工前

ご見学-施工中の現場・施工済みの設計図等を見ていただきながら当社の建築をご説明いたします。現地下見-お客様のイメージに近づく為、またその土地に合った最善の建物位置や間取のアドバイスが出来るよう、設計士さんと共にお客様の土地の下見に行きます。
プランヒアリング-どのような生活スタイルをご希望かあるいは新居のご要望やこだわりなどゆっくりお聞きしながら、少しでも理想に近づけるようにプランニングをいたします。プランの提示・概算見積り-ヒアリングに基づいたプランとおおよそのお見積もりを提示いたします。
資金計画-新築・増改築にかかる様々な費用、ご予算、ライフプラン等を踏まえ融資をご利用の場合には各金融機関と連携し計画をたてて行きます。地盤調査-専門の業者に調査を依頼をし、建物を建てる為の、地盤の強度を調べます。

②ご契約

最終図面決定-間取り、予算、デザインなどを含めてお打合せを重ね、最終図面・見積りを提示いたします。※増改築の場合、図面を作成しない場合があります。ご契約・着工前お打合せ-建築請負契約を締結していただきます。また、その後の流れなど工事着工前のお打合せをさせていただきます。

③着工

地鎮祭-工事着工の際、工事の無事や安全と建物や家の繁栄を祈る儀式を行います。鉄筋検査-住宅保証機構の検査員立会いのもと鉄筋の太さや位置、鉄筋の間隔、補強の仕様等、出来上がってしまうと確認することができない箇所が適切に施工されているかを検査します。
基礎工事-建物の基礎となる部分を仕上げます。木造家屋でもこの部分は鉄筋コンクリート造とし、床下の防湿対策を兼ねた造りになっています。上棟-棟梁が取仕切り、棟木に幣束(へいぐし)を立て、破魔矢を飾る。続いて塩、酒、米で四方を清め、工事の無事完了を祈る儀式を行います。
中間検査-住宅保証機構の検査員のもと建築物の構造や施工の状況が建築基準法とその関連規定に適合しているかどうかをチェックする検査行います。造作・電気・設備・内装工事-ここまで来ると建物の全体像が完成してきます。内部見学をされたい方はいつでもお気軽にお申付けください。
外構工事-建物までのアプローチ、石積工事、塀・擁壁工事等、建物廻りの工事を行います。

④お引渡し

お引き渡し-お客様に最終確認をしていただき保証書や鍵をお渡しいたします。その際に、各設備の使用方法や注意点等をご説明いたします。

⑤アフターサービス

アフターサービス-設備等の故障や新規工事のご相談なんでも結構ですお申し付けください。また建物に限らず、集落への挨拶、地域のゴミ出しの仕方等お気軽にお申し付け頂ければ、アドバイスさせて頂きます。

※住宅保証機構の建物検査、10年保証は新築の住宅のみの適用となります。
 新築店舗のお客様や、増改築等のお客様には適用されませんのでご注意ください。

住宅瑕疵保険
FACE BOOK
SPACE141
▲このページのトップへ